ハンディキャップを一つの個性と捉えその人らしく、住み慣れた地域で暮らしていけるようサポートしたいと想っています。